一般ユーザーでも作れる

スマートフォンの普及で、アプリに使用されるアニメーションを制作できるエンジニアが急速に求められています。かなり人手不足の状況だと聞いています。
アニメといっても今までのようにテレビで見かけるようなものだけではなくなりました。
スマートフォンのアプリでは、絵文字を自分で作ることが出来るアプリがあります。そしてその絵文字を自由に動かしてオリジナルのアニメーションが出来る、といった機能もついていました。

これなら簡単に、初めての人で知識がなくても、誰もがアニメーションを作成できます。
このように誰もが手軽に簡単に使うことが出来ると、利用者も増えますし、人気も出てきます。
アニメ業界ではこのようなアプリケーションにも強いエンジニアが強く求められています。
その為にはスマートフォンの特性を知っておく必要がありますから、OSもAndroidでの開発1年以上のキャリアがあると、アニメ業界でのエンジニアとしてもその特性が活かせると思います。

またユーザーの立場での考え方も必要です。エンジニアに使いやすいアニメーションアプリでも、一般ユーザーにとって使いやすい、分かりやすいものであるとも限りません。
よく新しいアプリが発売されて、最初は話題性や新作だからと試してみるユーザーは多いのですが、使いにくかったり面白みが感じられなくなったらすぐ離れていってしまいます。
一度離れたユーザーを取り戻すのは大変難しいので、独りよがりな出来上がりにならないように気を使うことも大切だと思います。

利用するユーザーのほとんどが、アプリという存在がどのようなものかも分からず、OSに至ってはさっぱり理解できないまま利用している殆どだということをしっかり覚えておきましょう。少しの優しさが一般ユーザーを引き付けるポイントです。アプリ開発など、プログラミングを行うエンジニアの方必見のサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2016年7月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031